pyhtonからツイート!〜anacondaにtweepyを入れて〜

twitter上の設定

こんにちは、keymaleです。まずはツイッターのデベロッパーサイトに行きましょう。前提としてツイッターのアカウントは持っているものとします。

こんな感じの画面に行くと思いますので、Create an appをクリックしましょう。すると以下のような入力フォームが出てきます。ちなみに全部英語です。

上から順に

  • App name (required) -アプリケーション名-
  • Application description (required) -アプリケーションの説明-
  • Website URL (required) -アプリケーションの参照ウェブサイトURL-
  • Callback URLs -コールバックURL-
  • Terms of Service URL -許可制のセッティングの際に利用するURL-
  • Privacy policy URL -プライバシーポリシーの乗ったURL-
  • Organization name -組織名-
  • Organization website URL -組織のウェブサイトURL-
  • Tell us how this app will be used (required) -アプリの使われ方-

個人で作成するアプリで、botぐらいならば(required)のところだけ記載すればOKです。

こんな画面になるので、Keys and tokensを選んでください。そしてAccess tokens & access token aecretのcreatをクリックしてください。

すると上記のようにtokenが追加されます。これで以下の4つのkeyとtokenが見えていると思います。

  • API key
  • API secret key
  • Access token
  • Access token secret

こちらのコードはpython上に記載します。

AnacondaにTweetpyのライブラリを入れる

私はanacondaを使っているのですが、anacondaに標準で入ってないライブらりが必要になるかと思います。そこで役に立つのがANACONDA CLOUDです。ここに大体のライブラリがあります。OS別(例えば、windows, linux, macOS)別で用意されているので安心です。どのようにインストールするかというとanaconda promptを起動して、

conda install -c conda-forge tweepy

と入力するだけです。ANACONDA CLOUDではこのコマンドが紹介されています。しばらく待つとインストールが完了します。

Python でtweepyを使ってtweet

以下のコードで
Hello World!
とツイートできます。

— coding: utf-8 —
import tweepy

#先ほど取得した各種キーを代入する
CK=”ここはAPI Key”
CS=”ここはAPI secret key”
AT=”ここはAccess token”
AS=”ここはAccess token secret”

#Twitterオブジェクトの生成
auth = tweepy.OAuthHandler(CK, CS)
auth.set_access_token(AT, AS)

api = tweepy.API(auth)

#ツイート
api.update_status(“Hello World!”)

CKにはAPI Key
CSにはAPI secret key
ATにはAccess token
ASにはAccess token secret
を先ほど取得した値を入力してください。

これでpythonを実行するとツイートされているのが確認できるかと思います。

長くなってしまいましたが、今日はこの辺でお開きとします。